ピアニストのためのフェルデンクライス

Feldenkraispiano.com | 〒192-0051 東京都八王子市元本郷町3-1-1 | 問い合わせ: info@feldenkraispiano.com & 042-620-0766

​フォーカル・ジストニアについて

ジストニアとは

近年「腱鞘炎」という言葉と同様にピアノ学習者を悩ませているのが「フォーカル・ジストニア」です。
違和感とともに、意思に反した動きが指先に起こります。


・指が内側に巻き込んでくる
・指が突っ張ってしまう

痛みやしびれが伴うことはあまりなく、日常の生活ではあまり気にならない方が多くいらっしゃいます。
そのため初期段階では「練習不足が原因では」という自己観察がさらに過度の練習に繋がっている事が多々あります。

ピアニストの5%がこの障害に悩んでいるというデータもあり、潜在的な患者数は想像をはるかに超えるでしょう。

 

ピアノ以外でも、弦楽器・管楽器など様々な楽器からゴルフ・テニスなどスポーツまで、あらゆるジャンルで発症します。

長年同じことを繰り返し訓練することに原因を探る必要があります。

原因と治療

30年ほど前にはあまり耳馴染みのなかった病名ですが、現在は医学的にも認知され、解明と研究も進んでいるようです。ただ、日常的な生活では症状がさほど現れないことから、筋肉・関節・骨といった肉体的な病気でないことも明らかになっています。

 

有力なのは「脳の神経系の誤作動」です。

そもそも全身のすべてのパーツは密接につながりあっています。指を動かす動作においてもほかの多くの筋肉や関節が関わるはずです。しかしピアノを弾く時だけ特別な指の使い方を長年続けていると、脳が混乱をして筋バランスが崩れたり、過度な緊張が起こったりしてしまいます。

 

外科的な治療法を勧める医療機関もあるようですが、フェルデンクライス的には、まず混乱している脳の神経系をもう一度構築し直すプロセスを取ります。

フェルデンクライスの試み

「脳を再教育する」というのがフェルデンクライスの本質的な考え方です。

 

新しい奏法を学ぶ時に、目からの情報や動きの真似は大いに注意が必要です。

人間は人の動きを真似る事が得意ですが、目が捉えられるのはごく一部であって、表面的だからです。

フェルデンクライスメソッドには、あくまでも自分の動きを見つめ直すことが主軸となります。

筋肉を外的刺激でほぐすという考え方もありません。

長い年数をかけて積み上げた技術は多くの癖の集合体となっています。

同じ使い方をする限り同じ症状が繰り返すことになる --- 痛みの原因となっている動きを探して、違う動きを学ぶ---これが結局は近道だと思います。

日頃から指の症状に意識が向いてしまいますが、​先ずは自分の動きを観察するプロセスにおいて、指を動かす時に体全体の繋がりを感じられる練習をします。

感じられるようになれば、自分の動きの中に「自然な動き」を探し出すことも簡単になります。

その上で、指を動かすための新しい習慣を作るアプローチをして行きます。

指の症状は人それぞれ違いがありますので、練習の仕方や考えるポイントを個別にアドバイスさせていただきます。

次回のワークショップ

「ジストニアに悩むピアニストのために

〜カラダと指の繋がりを探索しながらvol.2〜

2018年2月24・25日

ジストニアのピアニストのためのワークショップの流れ