• yuko matsumoto

カラダから考える音楽 姿勢


ピアノの指導でかなりこだわるのが椅子の高さ。

ご質問も多くいただいています。

椅子の高さにこだわるのは、良いパフォーマンスをする為に効率の良い姿勢を保ちたいという考えからですが、それが腕の高さのためなのか、首のためなのか、腰なのかと様々な考え方が存在します。

個人的には、上半身をフリーにするために骨盤を自在に使える高さを求めたいところですが、骨盤を意識したとしても、それをフリーという実感に結びつけることが大切かもしれません。

そもそも力が抜けると本当にフリーになるのでしょうか?

また、立って演奏する楽器や声楽家の方々も、本当に姿勢は大切にされています。

二本足で立つ姿勢を手に入れた人類には、常に重力との戦いが強いられているようです。その複雑な思考と姿勢の中から、単にラクな姿勢を探すのではなく、良いパフォーマンスにつながる姿勢について深めたいと思っています。

ワークショップは9/11,12です!

#フェルデンクライス #ピアニストの姿勢 #音楽家の体 #演奏の脱力

40回の閲覧

ピアニストのためのフェルデンクライス

Feldenkraispiano.com | 〒192-0051 東京都八王子市元本郷町3-1-1 | 問い合わせ: info@feldenkraispiano.com & 042-620-0766